サイフォン式のコーヒーの出てくるペンギンカフェ

私のお気に入りのカフェの1つが「ペンギンカフェ」です。ペンギンカフェという名の通り、店内のいたるところにペンギンがいて、モチーフになっているとても可愛いカフェです。

ペンギンカフェの魅力の一つが素材へのこだわり。こちらのカフェのコーヒーは今どき珍しくサイフォン式のコーヒーになっています。

お客様に出すまでに時間がかかるため、個人店のカフェや喫茶店であってもサイフォン式を取り入れるところも少ないので嬉しい。お客様により良いものをとの思いで、丁寧にフラスコのような容器で抽出して出してくれます。

サイフォン式を採用しているだけでも、店主が素材にこだわりぬいているのが伝わってきます。

店内はこじんまりしていて、10人程度の席しかありません。テーブルごとの間隔があいているため不思議と圧迫感がありません。店の場所が10分ほどの距離にあり、近くにあるのは住宅街という立地からとても静かな空間が広がっています。

流れる音楽も緩やかで、時間の流れが緩やかに過ぎていくのを感じます。店内に用意されている雑誌やフリーのWi-Fiなどの設備環境から、つい長居する人も多いことでしょう。

ドリンクも2杯分ある十分な量が用意されていることから、一度行くとついつい長居したくなるそんな場所です。美味しいサイフォンコーヒーが楽しみたい方はぜひ訪れてみてください。

サクサク食感のチョコクロが美味しいサンマルクカフェ

最近まで知らなかったのですが、サンマルクカフェはとても居心地がよくメニューが豊富な優良店だということです。都内を歩いていると、なかなかの頻度で出くわすカフェですが、見かけるとその温かみのある空気感に惹かれてついつい入ってしまいます。

サンマルクカフェ独自の魅力は、何と言っても名物でもある「チョコクロ」でしょう。サクサクのクロワッサンに、チョコレートがとろっと詰まった一品は、おやつは勿論、食後のデザート感覚にもペロリと食べてしまえる、小ぶりなサイズ感がちょうどいいんです。ちょっとしたお土産に、複数個購入して行くこともしばしば。女子会に持参してもとっても喜ばれます!

また、ドリンクメニューでのお気に入りは、「アイスベトナム珈琲」。

アイスコーヒーの下に、たっぷりの練乳が敷かれており、最初は混ぜずにビターなコーヒー感を楽しんで、次に全体を混ぜて甘いミルクコーヒーとして変身させてと、ちょっとお得気分の味わえるドリンクです!ベーシックな牛乳+ガムシロとは違う、優しい練乳の甘みが、仕事帰りの疲れた身体にもじんわりと染み込んで、ふわっと幸せになれるんです。

ドリンクメニューのお値段は、他のカフェに比べても比較的リーズナブルなので、お財布にも優しく、そこも大きな魅力の一つになっていますね。サンマルクカフェに入ったら、この2つはマストで注文して、ゆったりと読書を楽しむのが至福の時間。

いつも行っている店舗には、外の通りを眺められる大きな窓があって、のんびりと歩く人の姿を見ながら美味しいメニューを味わうのも、とてもいい時間ですね。

期間限定のクロワッサンが出たらまた行きたいですね。

軽井沢のハレニレテラスで本格フレンチプレス

私のおすすめの珈琲屋さんは、丸山珈琲です。出会いのきっかけは軽井沢に旅行にいったさいにハレニレテラスを散歩中立ち寄った珈琲屋さんでした。

ハレニレテラス全体が軽井沢の自然に囲まれていて木材で心の落ち着く空間ですがその中にある丸山珈琲の雰囲気はばっちりあっていました。

このハレニレテラスは軽井沢で人気のホテル「星野リゾート」が運営する施設です。軽井沢のいい店を集めたハレニレテラスは外国人観光客にも人気が高いスポットです。

 私が注文したのはうっすら覚えていますが恐らくフレンチプレスコーヒーだったと思います。ブラックのホットコーヒーなのですが、コクがあっていつも飲むスターバックスとは違い雑味を多く感じました。飲む環境もそうさせたかもしれませんが深みも違うと感じました。

 私個人がコーヒー屋さんで大切にしていることの一つに店舗はもちろん店員さんの温かみがつたわってくるところなのですが、優しくプライドをしっかりもっていそうなかただったのでプロフェッショナルの匂いがぷんぷんしました。店内はゆったりしていて、コーヒー豆などの販売も行っているのでお土産に買っていく人も多かったです。よく調べてみるとネットでも販売していますが、あそこで手に入る挽きたては特別感も感じました。

 こんなにいつまでも飲んでいたいコーヒーに出会えたのははじめてでした。友人への贈り物には必ずこちらのコーヒー豆を贈っています。

手軽で美味しい水出しアイスコーヒーはいかが?

アイスコーヒーは、通常、お湯で抽出したコーヒーを冷やしてアイスコーヒーにしていますが、水出しコーヒーもおすすめです。一番最初に飲んだのは、友人宅の近所にある昔ながらのこだわりのいわゆる喫茶店でした。

水出しコーヒーってどんなものなのか、と思い飲んでみると、全体的にまろやかで甘みもコクも感じるおいしいコーヒーだったのです。

その後、耐熱ガラス製品のメーカーのハリオから、ガラスのポットにフィルターが付いた水出しコーヒー用のポットが出ていることを知りました。

早速購入しました。

フィルター部分に分量のコーヒー粉を入れて、水を注いで冷蔵庫に入れておくだけで、数時間もすればおいしい水出しコーヒーができます。毎夏、ポット一杯に作っています。

コーヒーの粉は深煎りのもので酸味の少ないものがおいしくできます。私はアイスコーヒー用の粉を主に使っていますが、ない時期にはフレンチロースト、イタリアンローストの粗挽きのものでいれています。

専用ポットでなくても、ピッチャーなどに挽いたコーヒーの粉を入れ、水を注いで2,3時間置いてから、コーヒーフィルターでこします。そして、冷蔵庫で冷やして完成です。

フレンチプレスコーヒーメーカーでもできますが、最後はフィルターを通した方がすっきりとした味わいになります。コーヒーフィルターなどがなくても、お茶パックにコーヒー粉を入れればできます。水出しは、お湯で出すよりも、雑味が出にくく、酸化もしにくいそうで、ポットにたくさん作ってもおいしさが長続きしています。

出すのに数時間かかりますが、麦茶のようにあらかじめ作っておけば、夏の暑いときにお湯を沸かさずまろやかなアイスコーヒーが楽しめます。

蜂蜜とブラックコーヒーの相性が最高

私は、もともとコーヒーが苦手だったのですがハマったきっかけがありました。

家族旅行である地方を訪れたときに、その地域で有名だという喫茶店を訪れました。そこで、苦い飲み物が苦手な私でも飲むことができるコーヒーに出会いました。

その喫茶店はチェーン店ということが分かり、私の地元にある同じ喫茶店で働き始めました。そこで知った「コーヒーのおいしい飲み方」について書こうと思います。

まず自宅用のコーヒーを買う時は、街の洒落た珈琲店よりも喫茶店などの方が安く購入が出来ることが多いようです。都会だと難しいかもしれませんが、田舎の喫茶店であれば、サービスをしてくれたり裏情報を教えてくれたりします。

また、コーヒー豆を注文を受けてから挽くので自宅で淹れた時の香りや鮮度が、通常のものと全く異なります。コーヒーは朝食時や通勤時に毎日飲む人が多いので、淹れ方や容器が雑になりがちですが、コーヒー以外の部分も、コーヒーをおいしく飲むためには大切です。コーヒーカップは自分のお気に入りのものを用意し、注ぐ前にお湯でしっかり温めておきます。

コーヒーを注ぐ直前にお湯を抜き、静かにコーヒーを注ぎます。泡が立たない淹れ方がオススメです。苦いものが苦手な人は砂糖を入れますが、砂糖ではなくマヌカハニーを入れて飲んでみると良いです。もちろんブラックで飲めれば一番コーヒーの味を楽しめますが、全員がそういうわけにはいきません。

マヌカハニーは一時期有名になりましたが、健康的な面でも効果があるので毎朝飲むコーヒーに合わせるには最適だと思います。ブラックで飲める方も一度試してみると良いと思います。ほんのりハニーの香りがして、落ち着くことができます。とても美味しいコーヒーになります。

 

自宅で美味しいコーヒーを淹れたい

カフェやおしゃれなコーヒーショップで飲むようなコーヒーが自宅でも味わえたら最高ですよね?そんな美味しいコーヒーを淹れるための私流のコツをご紹介いたします。

まず、お湯は90℃くらいと一般に言われていますが、ついつい他の事をしていると沸騰してしまうことが多々あります。そんな時は、火を止めて1分程置いておくだけでちょうどいい感じのお湯の温度になります。

ドリップホルダーにコーヒーフィルターをセットしたら、その熱いお湯でまずペーパーを湿らせます。カップも温まるので一石二鳥です。そのお湯を捨てたら、豆から挽きたてのコーヒーの粉を入れます。豆は常に冷凍室に入れておいて、挽く寸前に出します。電動ミルで11秒から12秒です。

豆の種類で一番香り高い秒数がありますので、1秒ずつ加減するとその豆の良さが引き立つ粉の具合になると思います。粉の量も豆の種類で異なります。少しずつ加減して、自分の好みの濃さ、味、香りにしていくとよいと思います。一般的には、マグカップにコーヒー豆用計量スプーンで一杯半です。粉を入れたら、お湯を少し真ん中だけにたらして湿らせ、30秒ほど待ちます。

その後、お湯を少しずつストローくらいの細さで入れる感じで粉の真ん中あたりのみ円を描くようにして淹れます。その時、泡立ちがとても良いなら、粉の鮮度や量がちょうどいいと思われます。カップにちょうど良い量を入れたら、最後はお湯がまだホルダーにある時点ではずします。

最後まで出し尽くすと苦味が勝ってしまいますのでこれは鉄則です。これで喫茶店で美味しいコーヒーを楽しんでいる気分を家で味わえます。

定番のドトールコーヒーが好き

 

私のお気に入り大手コーヒーチェーンは、ドトールコーヒーです。

全国の駅前によくあるお店です。ドトールコーヒーが他のお店に比べて好きな点は、まず、美味しいサンドイッチです。

と言っても、私の好きなのはフランスパンに野菜をサンドし、それをお好みでトーストしてくれるサンドイッチ「ミラノサンド」です。

パンもフワフワで美味しく、コーヒーに合います。割とボリュームもあるので、軽めのランチに適しています。また、お店の雰囲気も良く、お店によっては、2Fの窓際席から、外を見下ろしてコーヒーブレイクできます。

もちろん、コーヒーそのものも大好きです。ドトールコーヒーのブレンドは、甘い独特の香りに飲みやすいブレンドです。この甘い香りは、ドトールならではでお気に入りです。ドトールコーヒーには、他にもローストしたコーヒー豆の販売があります。月に数回のサービスデーでは割引もあります。

私の行った熊本駅の店舗では、コーヒー豆の選び方が右も左もわからなかった私に、店員さんが丁寧な説明とおすすめを教えてくださり、コーヒーのおいしい飲み方も丁寧に教えてくださいました。

この対応で、ドトールコーヒーが好きになりました。マイルドブレンドはお店で出しているコーヒーと同じということで、お家で淹れたコーヒーもとても美味しかったです。食事にコーヒーブレイクに、お家コーヒーにと、あらゆるシーンで使えるドトールコーヒーは、おすすめですね。

熊本でコーヒーブログの開始♫

初めまして!

熊本に住んでいるカフェレストランでアルバイトをしているコーヒーマニアです。

好きな食べ物はタイピーエンとからしれんこんです。

実家の父がかなりのコーヒー好きだったので、いつも家庭の中にはコーヒーのいい香りが充満していました。

どれくらい父がコーヒーにハマっていたのかというと、休日には家のガスコンロでコーヒーの生前を焙煎しているくらいこだわっていました。この話を近所の自家焙煎珈琲店のマスターに話してみると「そんな素人見たことがない!」と驚いていました。

そんな珈琲好きの父の影響で高校生の時から自分でハンドドリップしたコーヒーを飲んでいましたね。

これから熊本から美味しいカフェや珈琲の最新情報を発信していけたらと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。