自宅で美味しいコーヒーを淹れたい

カフェやおしゃれなコーヒーショップで飲むようなコーヒーが自宅でも味わえたら最高ですよね?そんな美味しいコーヒーを淹れるための私流のコツをご紹介いたします。

まず、お湯は90℃くらいと一般に言われていますが、ついつい他の事をしていると沸騰してしまうことが多々あります。そんな時は、火を止めて1分程置いておくだけでちょうどいい感じのお湯の温度になります。

ドリップホルダーにコーヒーフィルターをセットしたら、その熱いお湯でまずペーパーを湿らせます。カップも温まるので一石二鳥です。そのお湯を捨てたら、豆から挽きたてのコーヒーの粉を入れます。豆は常に冷凍室に入れておいて、挽く寸前に出します。電動ミルで11秒から12秒です。

豆の種類で一番香り高い秒数がありますので、1秒ずつ加減するとその豆の良さが引き立つ粉の具合になると思います。粉の量も豆の種類で異なります。少しずつ加減して、自分の好みの濃さ、味、香りにしていくとよいと思います。一般的には、マグカップにコーヒー豆用計量スプーンで一杯半です。粉を入れたら、お湯を少し真ん中だけにたらして湿らせ、30秒ほど待ちます。

その後、お湯を少しずつストローくらいの細さで入れる感じで粉の真ん中あたりのみ円を描くようにして淹れます。その時、泡立ちがとても良いなら、粉の鮮度や量がちょうどいいと思われます。カップにちょうど良い量を入れたら、最後はお湯がまだホルダーにある時点ではずします。

最後まで出し尽くすと苦味が勝ってしまいますのでこれは鉄則です。これで喫茶店で美味しいコーヒーを楽しんでいる気分を家で味わえます。